集団生活の場で緊張などから体が動かせなくなる「場面緘黙(かんもく)症」という障害がある、杉之原みずきちゃん。

みんなから、“みいちゃん”と呼ばれ、夢だった自分のお菓子工房をオープンさせるまでになった彼女を「Live News it!」は、これまで応援してきた。

そんなみいちゃんのお菓子作りにも、新型コロナウイルスの影響が出ていた。

でも、みいちゃんは、このピンチをチャンスに変えていた。

ひと口食べれば笑顔の花が咲く、まるで魔法のようなケーキの数々。

そしてお皿には、笑顔のマーク。

このケーキを作ったのは、13歳のパティシエ・杉之原みずきちゃん。

みんなからは、“みいちゃん”と呼ばれている。

自宅など、安心して過ごせる場所では、いつも笑顔のみいちゃんだが、集団生活の場などで緊張などから体を動かせなくなり、家族以外の人と言葉を交わすことができなくなる「場面緘黙症」の障害を抱えている。

そんなみいちゃんを夢中にさせたのが、「お菓子作り」。

その腕前は、見る見るうちに上達し、ある食のサイトのスイーツ部門ランキングで世界一に。

これをきっかけに、夢だった自分のお菓子工房をオープンさせた。

そして3月、小学校を卒業。

将来の夢を、文集に「わたしの夢はパティシエになることです。だからわたしは夢に向かって、今頑張っています。わたしは、みいちゃんのお菓子工房でみんなに笑顔を届けます」とつづっていた。

そんな、みいちゃんに、母の千里さんは...。

母・千里さん(2020年3月)「1つの区切りかな...あとは、ここから先は親は出しゃばらずに、というのをやってや? いつまでも甘えてたらだめだよ」

夢に向かい歩み出したみいちゃんにも、新型コロナの影響が。

定期的に開催していたスイーツカフェは、休業を余儀なくされた。

およそ半年ぶりに工房を訪ねてみると、ちょっと身長の伸びたみいちゃんが、ケーキ作りの真っ最中。

実は、9カ月ぶりのスイーツカフェの再開が決まった。

ケーキ作りは、ひと目でわかるほどスピードアップ。

2020年の1月には、ゆっくりクリームを絞っていたが、今ではこの手際のよさ。

カフェでは、120人分のケーキセットを時間内に作らなければならない。

さらにもう1つ、自粛期間で学校も休みになる中、食べ物の旬を生かす商品開発に取り組み、レパートリーを100以上に増やした。

いよいよ、9カ月ぶりのスイーツカフェのオープン。

今回は、ホテルのレストランを借りたが、事前予約制で完売。

キャンセル待ちが出るほど。

しかし壁は、たくさんの人が働くホテルの厨房でケーキ作りをしないといけないこと。

場面緘黙症のみいちゃん。

これまでだったら、体が動かなくなっていたが、てきぱきと働いている。

そんな時、完成済みのケーキを運んでいたお母さんが箱を倒してしまい、飾りつけも、ぐちゃぐちゃ。

それでも、あわてることなく、飾りつけをやり直し。

店長の自覚が芽生えてきた様子。

今回の特製スイーツ、得意のバスクチーズケーキやブリュレに加えて、旬の巨峰タルトにメープルロールケーキがお皿の上に並んだ。

プロの料理人も舌を巻く出来栄え。

ホテルの料理人「きれいに盛り付けられていると思います。センスあると思います」

食べていた人は「もともとおいしいけど、季節のものが味わえておいしい」、「季節のものとかもあるので、すごくおいしい」、「盛り付けがかわいい!」などと話した。

120皿、旬を盛り込んだケーキプレートは大好評だった。

母・千里さん「なかなかコミュニケーションが取れないけど、あそこに笑顔が1つあると、なんかうれしい。子どもから一気に、この半年で一気に大人になったような感じ」

ケーキで笑顔を届けたい。
13歳のパティシエ、みいちゃん。
きょうも前を向いて、歩き続けている。