43歳妻が年下夫を包丁で…

眼鏡をかけた男性。会社役員の池田淳さん(41)。包丁で腹を刺され死亡した。

逮捕されたのは2歳年上の妻、池田純子容疑者(43)。

近隣住民A:
ゆうべ午前1時ごろだよね。救急車が来てびっくりしたよ。まさかって、あの人がって…

事件が起きたのは、9月17日午前0時半ごろ。現場は茨城県土浦市。

純子容疑者は犯行後、自身の母親に電話をかけ「夫を刺した」と伝えていた。その後、母親が110番通報し、純子容疑者は現行犯逮捕された。

淳さんは病院に運ばれたもののその後、死亡。夫婦の間に一体何があったのだろうか。

夫が家業を継ぐため引っ越してきたばかり…

夫の淳さんと子供の3人暮らしだったという純子容疑者。

近隣住民B:
はっきりとした奥さん。今時の若い奥さん。結構、体格もよくて…

近隣住民A:
奥さんは感じのいい方だよ。ニコニコして…

関係者によると、夫・淳さんの実家は工務店を営んでおり、家業を継ぐために夫婦で引っ越してきたという。

近隣住民B:
まだ若夫婦ですよね。新しく家を建てて越してきたから、最近。小さなお子さん1人いらっしゃる。(夫は)工務店さんやってるから、若いのに偉いなーって。大したもんだよなって…

純子容疑者は犯行前に酒を飲んでいて、その後、夫と口論となり包丁で刺したとみられている。

調べに対して「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している純子容疑者。警察は口論の原因や以前からトラブルがあったのかなど、詳しい経緯を調べている。

(「Live News it!」9月17日放送分より)