KTSが制作したドキュメンタリー番組「テレビで会えない芸人」が、2020年の日本民間放送連盟賞のテレビエンターテインメント番組部門で最優秀賞を受賞しました。

KTSが制作した「テレビで会えない芸人」は、鹿児島出身の芸人、松元ヒロさんを通して、言論と表現の自由について問いかけたドキュメンタリー番組です。

日本民間放送連盟賞の九州・沖縄地区の審査で最優秀賞に選ばれたこの作品は、全国審査を経た結果、2020年のテレビエンターテインメント番組部門で最優秀賞を受賞しました。

審査員からは、世界報道自由度ランキング67位という日本の現実の中でテレビから意図的に消え、自らの表現を貫く芸人を取り上げた点が高く評価されました。

この作品は日本民間放送連盟賞のグランプリ候補番組にも選ばれていて、審査結果は11月に発表される予定です。