秋の全国交通安全運動が9月21日から始まるのを前に、9月17日、高松市で出発式が行われました。

出発式には香川県や県警などから関係者約70人が参加し浜田知事が「県民1人1人が命の大切さを感じる様な運動にしていきたい」と挨拶しました。

2020年の香川県内の交通事故による死者数は2019年より7人多い39人で、人口当たりの死者数では全国ワーストです。39人のうち車に乗っていて亡くなったのは16人で、11人がシートベルトをしていませんでした。このうち9人はシートベルトの着用で助かった可能性が高いということです。

(香川県警 佐藤隆治交通部長)

「安全運動期間中、そして10月はシートベルト装着義務違反と飲酒運転を強力に取り締まる」

秋の全国交通安全運動は9月21日から30日までの10日間行われます。