ロシアの組織的ドーピングの隠蔽(いんぺい)に関与したとして、世界陸連前会長に実刑判決が言い渡された。

世界陸連前会長のラミン・ディアク被告は、ロシアの組織的ドーピングを隠蔽する見返りに、およそ4億2,000万円を受け取った収賄などの罪に問われている。

フランス・パリの裁判所は16日、ディアク被告に禁錮4年、罰金およそ6,200万円などの実刑判決を言い渡した。

ディアク被告側は、控訴する方針。

また、国際手配されている息子のパパマッサタ被告は、ディアク被告とともに、東京オリンピックの招致をめぐっても、収賄の疑いが持たれていて、現地の検察は、JOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和前会長を捜査対象にしている。