新しく発足した菅内閣に対して、北朝鮮による拉致被害者の家族から、「一刻も早く対応してほしい」などとの声が相次いだ。

横田早紀江さん「とにかく早くしていただかないと。結局、親も全部会えなくなる可能性がありますね。せめて連絡が取れるような、みんな、ほかの人たちもお話くらいはできるとか」

拉致被害者家族会の代表・飯塚繁雄さんは「待っている家族が、みんないなくなってしまう。問題がはっきりしているのだから、一刻も早く対応してほしい」とのコメントを発表した。

また、拉致被害者の蓮池薫さんは「北朝鮮へ一歩踏み込んだメッセージを、一日も早く伝えていただきたい。具体的な行動が、いつあるのか期待を持って見守りたい」とコメントしている。