期待と不安が入り混じるなか、菅総理が力を込めるのが新型コロナ対策です。

静岡県内の開業医でつくる協会の理事長で、自らも浜松市の診療所の医師の聞間元さんは受診控えが増えていると訴えます。

県保険医協会・聞間元理事長 「医療機関で一番困ってるのは患者減と収入減。それに対して菅政権が何とか手を打ってほしい」

厳しい状況が続くなか、今後は症状が似ているインフルエンザと新型コロナの同時流行に備えて院内での対策強化も必要となるため、国の支援を求めます。

聞間理事長 「(収入減で)設備投資もできないし、従業員も辞めてもらうことを考えてる先生たちもいる。補助金なり助成金、支援金をぜひ出してほしいなと」

一方で、感染対策との両立をめざす経済の立て直し。

官房長官時代にGoToキャンペーンを主導した菅首相に観光地・熱海のホテル経営者も期待を寄せます。

月の栖 熱海聚楽ホテル・森田金清社長 「やはりGoToキャンペーンで大変な状況の観光産業が一息ついていることができています。さらに二の矢、三の矢でGoToキャンペーンに次ぐ観光施策を打っていただけたら」