99代目の総理大臣となった菅新首相。

「働く内閣をつくる」と抱負を語る、日本の新たな舵取り役に何を望むのか?

期待や不安を県民に聞きました。

永井俊樹アナウンサー 「菅さんが打ち出した主な政策。街のみなさんは、どこに一番関心があるんでしょうか?」

60代女性 「デジタル庁ですかね。韓国とかフィンランドとか進んでいる国がいっぱいあるみたいなんで、それに近づけて欲しい」

40代女性 「地方活性化。(理由は?)なんとなく地方が寂しくなってきている。人口も減ってきているし」

中でも特に意見が多かったのが。

30代女性 「携帯、ですかね」

別の30代女性 「携帯料金値下げ!」

30代夫婦 「いまゲームとか音楽とか若い子たちは使うので、どんどん高くなっている。子供の部分もけっこうかかっているので、安くなったら嬉しい」

一方で、菅政権に対して期待と不安も。

40代女性 「自民党がしてきたことを市民の立場から、あまり支持できないものですから、期待してないです」

50代男性 「今回の閣僚人事も再登板する人も多いですから、そういう意味では期待したいなと」