プロバスケットボールBリーグ、シーズンの開幕を前に、愛媛オレンジバイキングスが16日、必勝祈願に臨みました。

松山市の伊豫豆比古命神社には、まだ合流していない外国籍選手を除く選手、スタッフ20人が集まりました。

本殿で神事が行われ、河原社長、庄司ヘッドコーチをはじめ、選手たちが神妙な面持ちで必勝を祈願しました。

新型コロナウイルスの影響で、昨シーズンは途中で打ち切りになり不完全燃焼に終わっただけに、ひと際強い思いをもって今シーズンに臨みます。

クラブ創設5年目の今年もスローガンは「With us」ブースターと力を合わせプレーオフ進出、そして、B2優勝を目指します。

高畠佳介主将

「コロナで大変な時期もあったんですけど、シーズンがいよいよ始まるんだなという気持ちになりました」

庄司和広ヘッドコーチ

「選手の名前と顔を覚えてもらえるよう日本人選手の活躍が必要になってくる。小さなことから積み上げていって、一つでも多くの勝ち星、プレーオフ進出をまず目標にがんばっていきたい」

今シーズンの開幕は10月2日(金)。愛媛オレンジバイキングスは松山市総合コミュニティセンターで西宮ストークスと対戦します。