ゆうちょ銀行は、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」などを通じた貯金の不正引き出しについて、15日夜の段階で、6つの事業者で109件・1,811万円の被害が確認され、全額を補償すると発表した。

NTTドコモの82件1,546万円が最も多く、PayPayが17件141万円、メルペイが3件49万円、Kyashが3件23万円、LINEPayが2件49万円、PayPalが2件1万円となっている。