「既存デザインをおしゃれに変更」で 登録者数急増

今、女性たちの間で注目される人気ネットショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」。10月22日まで都内で開催された新商品発表会には、4日間で約6000人が来場した。

LOHACOとは、食品やキッチン用品の既存のデザインをおしゃれに変更した商品などを販売するインターネット通販サイトだ。

例えば、夏に活躍する虫除けスプレーも既存の商品のデザインと並べてスタイリッシュなデザインとなっている。

さらに、ハンドソープはLOHACOデザインに変更しただけで、LOHACO内で販売されている通常デザインの商品と比べて売り上げが30倍にアップ。
LOHACOの売り上げは年々伸び続け、2019年は513億円を記録し、登録者数は約600万人を突破する急成長中を遂げている。

今回の「ココ調」は、LOHACOが多くのユーザーを惹きつける理由を調査した。

商品ロゴは小さく&デザインはシンプルさを重視

イベントに訪れた人たちはどんな商品に興味を持っているのか?

女性A:
おしゃれなデザインになっていて、お家に置くのがかわいいかなって。

女性が気になったという商品は、立てかけて使えるタイプのティッシュ。通常のパッケージと比べるとロゴが右下に小さくあるだけで、より部屋になじむデザインとなっている。

また、テッシュ約6箱分が紙袋1つにまとめられる商品も。取替えの手間が省けるだけでなく、中身が少なくなるのに合わせて口を巻いていくことで形状の変化を楽しむことができる。

横山ルリカ リポーター:
こちらの箱、「with kakitane」と書いてありますね。中から小分けの可愛い袋が出てきました。開けてみると…柿の種が入っています!

店頭などでよく目にするデザインと比べると、オシャレ度は一目瞭然。限定デザイン(税別908円)の柿の種は、中身も通常とは異なるアーモンド・カシューナッツ・コーヒーピーナッツが楽しめる。

また、牛乳をかけるだけで簡単に作れる朝食の定番メニュー「フルグラ」も植物柄のシンプルなデザインとなり、1袋900gで税別739円(通常デザインは1袋800gで税別647円)。

他にも、見えない場所に隠しがちなお酒のケースをインテリアとして楽しめる商品などもある。
実はこのような斬新なデザインは、LOHACO側がメーカー側に提案したアイディアをもとに何度も話し合いを重ね決定している。

ミツカンがペットボトルタイプで販売しているりんご黒酢ドリンク(1000mL 1箱6本入りで税別1388円)は飲みきりサイズの紙パックになり、企業のロゴや大きく書かれた黒酢の文字は消えておしゃれでかわいらしいデザインに変身。
商品名も「ビネガードリンク」と印字して販売された(200mL 24本入りで税別2400円)。

株式会社Mizkan 渡辺雅子さん:
パッと見て何の商品かわからないというのが狙いです。LOHACOのページでお酢ドリンクであることや商品の特徴を丁寧に伝えていただけるので、パッケージはあえてお客様が使うシーンで心地よいようなかわいらしいデザインにしました。新しいターゲットの獲得につながっていると思います。

通常商品より割高なのに…なぜLOHACOデザインが売れる?

中には、販売から約1カ月で通常パッケージの約4倍の売り上げを達成した商品もあるというが、LOHACOの商品には少し気になる点も…

LOHACO 店舗統括部長 相馬朋子さん:
お部屋に置いて気持ちいい商品をご提供しておりますので、そのあたりは多少お値段が…ということであっても差し引いて、お選びいただいているのかなと思っております。

LOHACOの商品の中には通常のデザインよりも割高なものもあるのだ。
こちらの浴室用洗剤は、ロハコデザインのものは容器を横にするとクジラが出現するユニークなデザイン。通常パッケージの325円(税別)に比べて37円高い362円(税別)で販売しているが、売り上げは3倍になっている。

しかし、値段が高いのにもかかわらず、なぜ多くの人がLOHACOの商品を購入するのだろうか?

女性B:
スーパーで売っているものと全然パッケージが違うから、どうせならかわいいパッケージのものを使いたい。

女性C:
普通のドラッグストアに売っているものだと、絵とかもすごい生々しく描いてあるけど、すごくおしゃれなデザインになっていて、かわいくて。

担当者も次のように分析する。

アスクル株式会社FMCG/ヘルスケア事業部 上牧尚子さん:
(家の空間に)馴染ませたいとか、清潔感を持たせたいといったご要望や自分だけのデザインのを求められているお客さまが多いのかなと。特別なデザインを出すことで購買につながると思います。

多くの人が求めていたのは、いかに家のインテリアに馴染むどうかだった。そこで、LOHACO歴3年だという女性の自宅を見せてもらうと…

横山ルリカ リポーター:
あっ!このデザインの感じ、もしかしてLOHACOじゃないですか?

LOHACO歴3年・城戸麻記子さん:
そうです。今使っているトイレットペーパーはLOHACOで買いました。置いていてもかわいくて、デザインがいいと思いました。

さらに、冷蔵庫の中にもロハコデザインの商品を発見。食材を保存するファスナー付きのプラスチックバッグはLOHACOで購入したものだった。

LOHACO歴3年・城戸麻記子さん:
確かに値段が高い商品もありますけど、デザインやボトルがかわいいと、詰め替えして長く使いたいなと思って買っています。

店頭で販売されている目立つデザインではなく、客のニーズに応えたより家に馴染むデザインが人気の理由なのかもしれない。
また、LOHACOでは既存のデザインを変更する他に、麦茶や中華調味料など、企業とコラボした商品開発も積極的に行っているという。

(「めざましテレビ」10月23日放送分より)