自民党の菅新総裁は新四役として、二階俊博幹事長を続投、総務会長に佐藤勉元総務大臣、政調会長に下村博文選対委員長、選対委員長に山口泰明衆院議員を起用。その新四役が会見する。

総裁選で菅氏を支持した派閥からバランス良く、ベテランを起用しており、無派閥の菅新総裁として、まずは人事への不満により出ばなで足をすくわれないための安定の布陣を狙ったと言える。

特に、佐藤、下村、山口の3氏は菅氏と当選同期で派閥に配慮しながらも、「仕事のしやすい」環境を整えた形となった。菅新内閣は16日発足する。

14時30分会見予定。

※ストリーミングのため、配信が遅れることがあります

関連記事:総裁選菅氏圧勝で岸田・石破両氏は冷や飯?厚遇?ノーサイドでも「次」を見据えた人事の思惑