那覇市の小学校でノートパソコンを活用した特別授業が開かれ、子どもたちが学習の成果を発表した。

特別授業は新型コロナウイルスの影響でオンライン学習の需要が高まっていることを踏まえ、子どもたちにパソコンの活用方法を学んでもらおうと行われた。

那覇市・泊小学校の5年生の児童は「家族と旅行に行きたい場所」をテーマにスライドショーを作成した。

▽発表する様子『エジプトは街の風景がとてもきれいです。また、エジプトといったらピラミッドなので家族全員でピラミッドを見たいです』

▽児童『このパソコンで色々工夫できたり楽しかったです』

政府は今年度中に全国の全ての小中学生に1台ずつタブレット端末を配布する予定で、県内でもオンライン学習の推進に向けた環境整備が加速することになりそうだ。