ディスカウントストアで電気シェーバー14個を盗んだとして、21歳の男が逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、北海道京極町に住む21歳のアルバイト従業員の男です。

 男は7月10日午前11時40分ごろ、札幌市清田区のディスカウントストアで電気シェーバー14個(販売価格約7万7000円)を盗んだ疑いがもたれています。

 警察によりますと、翌日店の従業員から警察に「陳列していた電気シェーバーがなくなり、貼ってあった防犯シール十数枚が店内に捨ててあった」などと通報がありました。

 防犯シールは、店外に持ち出す際にセンサーに反応する万引き防止用のシールで、見えにくい所に捨てられていたということです。

 防犯カメラには、キャリーバッグを持つ不審な人物が映っていました。

 その後の捜査で警察は、市内のリサイクルショップで盗まれた電気シェーバーを発見。売った人物を調べる中で男の関与が浮上しました。

 警察は、男がキャリーバッグに電気シェーバーを入れて盗んだとみていて、調べに男は「転売目的だった」などと話しているということです。