9月9日スーパー内の書店で漫画6冊を万引きし、呼び止めた店員を特殊警棒で殴りケガをさせた45歳の男は、「自分を守るために警棒を所持していた」と話していることが新たにわかりました。

 また、警察は転売目的で漫画を万引きした可能性も視野に、男の調べを進めています。

 11日強盗致傷の疑いで送検されたのは、北海道函館市に住む吉崎孝泰容疑者(45)です。

 吉崎容疑者は9月9日午後3時20分ごろ、函館市湯川町のスーパーの書店で漫画6冊を万引きし、それを目撃し呼び止めた男性店員を伸縮式の警棒(特殊警棒)で数回殴り、男性の顔などにケガをさせた疑いが持たれています。

 警察によりますと、吉崎容疑者は警棒を所持していた理由について、「自分を守るため」と供述していることが新たにわかりました。

 また漫画は転売目的で盗んだ可能性もあるとみられていて、警察は引き続き動機や警棒の入手経路などを詳しく調べています。