幻想的なオーロラの撮影中に映り込んだ謎の光。

場所は南極付近。
複数の発光体が、かなりのスピードで移動している。

南米ペルーでは、キリスト像の後方に光る物体が。
わずかに移動しながら浮かんでいるように見える。

世界各地で目撃情報が絶えない“Unidentified Flying Object”その名も「UFO(未確認飛行物体)」。

このUFOをめぐって、日本の大臣から気になる発言があった。

9月8日の会見で、記者からの「UFOの対処方針について」の質問に、「対処方針については、もう間もなくでございます」と答えた河野防衛相。

自衛隊機が、万が一UFOに遭遇した場合の撮影や報告の手順に関する対処方針を、近く決定すると明らかにした。

UFOに対する自衛隊としての備え...。
きっかけとなったのが、この映像。

米軍パイロット「見ろよ! 飛んでいるぞ! 気球じゃないよな?」

アメリカ海軍のパイロットが、絶叫しながら撮影した不審な飛行物体。
2020年4月、アメリカ国防総省が初めて公開した。

これを受け日本の防衛省は、UFOに遭遇した際、どう対処するのかを検討してきた。

4月の時点では、「わたしはUFOをあまり信じていない」と話していた河野防衛相だったが、8日の会見では「先日のグアムでのエスパー長官との会談の中でも、話題にのぼりました。詳細について、つまびらかに申し上げるのは差し控えたいと思います」と述べ、日米で連携してUFOに対処していく考えを強調した。

2019年12月には、FNNのカメラも、福島・いわき市で謎の飛行物体をキャッチしている。
画面左から右へと、ものすごいスピードで移動していった光の正体は、今もわかっていない。

さらに、福島市で咲くシダレザクラの前で撮影された写真。

白い雲の中に浮かんで見える黒い物体。
映像をアップにしてみると、円盤のようにも見える。

撮影者は、画像を見るまで気づかなかったという。

東北大学 航空宇宙工学専攻・桒原聡文准教授「身元が確認されていないものが上空に存在するというのは、非常に危険な状況にいたる可能性がある」

では、そうした謎の飛行物体にわたしたちが遭遇した場合、どう対処すれば良いのか?

東北大学 航空宇宙工学専攻・桒原聡文准教授「当然ですけれども、近づかない。落下してきたものがあったとしても、それには触らない。そのうえで、観測装置が未確認飛行物体に搭載されていて、偵察目的でそこに存在しているということはあり得ますので、(手を振るなど)積極的に自分の居場所を教えるとか、場合によっては好ましくないこともあり得る」

ふと見上げると、そこにUFOが...。
そうした状況への心の備えは、できているだろうか。