防犯カメラが捉えた小4女児保護の瞬間

路上に止まる一台の捜査車両から一人、また一人と捜査員が降り、足早に前方へ。

それから約1分後。
捜査員に囲まれて、女の子がやってきた。

これは9月5日未明、行方不明になっていた小学4年の女の子が、警察に保護された場面をとらえた防犯カメラ映像

この女の子を誘拐したとして逮捕されたのが、自称無職の大竹晃史(あきひと)容疑者(38)。

神奈川・横浜市に住む女の子と東京・葛飾区に住む大竹容疑者の接点となったのは、女の子の親が使わずにいたスマートフォンとみられている。

小学4年女子誘拐事件の全容は?

事件が起きたのは9月2日。
女の子は同級生と遊ぶため、午後2時半すぎ自宅近くの公園に向かった。
大竹容疑者が横浜市青葉区内で女の子を車に乗せ連れ去ったのは、それから1時間半後の午後4時頃とみられている。

その後、女の子が門限の午後5時を過ぎても帰宅しないため、家族が付近を捜索。
それでも発見には至らず、行方不明届を出した。

それから2日以上が経った5日未明…

海老原優香リポーター:
大竹容疑者は、自宅からすぐの場所で、少女と一緒にいるところを現行犯逮捕されました。

警察は防犯カメラの映像などをたどって、大竹容疑者の自宅を特定。
午前3時すぎに、自宅から出てきた車に女の子が乗っていることを確認し、無事保護した。

オンラインゲームによる誘い出し

海老原優香リポーター:
近隣住民の方によると、大竹容疑者は清潔感もあり、子どもから好かれそうだったということです。

近所の住民:
いつもピアノを弾いていたので、ピアノの先生か何かやっているのかなって感じでした。清潔な普通の青年だと思いますけど。

――事件を聞いて?
近所の住民:

いやー、全然想像つかないから驚きですよね。

女の子と知り合った経緯について、大竹容疑者は「オンラインゲームで知り合った」と供述。

警察によると、女の子は自分専用のスマートフォンを持っていなかったが、親が使わなくなったスマートフォンで自宅のWi-Fiに接続。オンラインゲームを楽しんでいたという。
そのゲーム内にある通信機能で、大竹容疑者から誘いだされたとみられている。

大竹容疑者は、調べに対し「未成年と知りながら車に乗せて連れ去ったことに間違いない」と容疑を認めており、警察は動機などについて詳しく調べを進めている。

約3割の子供が知らない人とやり取り

加藤綾子キャスター:
東京都の調査によると、「子供がSNSなどを通じて、知らない人とやり取りをしたことがあるか」を“小学校の低学年のお子さんがいる保護者の方”に聞いたところ、親御さんが知っているだけでも約3割に及んでいる。
ネットの怖いところは、表情が見えないけれども、やり取りをしている間に「何かこの人いい人そうだな」という親近感を持ってしまうところだと思う。

東工大リベラルアーツ研究教育院長 上田紀行氏:
スマホって一番自分に近いところにあって、それを操作しているからか近しい感じがするんだけど、実はものすごく遠いところとつながっているってことですよね。だから、子どもたちは学習机に座っていても、誰とつながっているか分からない。

加藤綾子キャスター:
親御さんもネットリテラシーを高めていかなければいけないと共に、お子さんにも気をつけなければいけないよという、コミュニケーションを取らないといけないですよね。

東工大リベラルアーツ研究教育院長 上田紀行氏:
これは親を責めるよりも、何か抜本的な対策を立てる時期にきたんじゃないでしょうか。親は全部監視できないと思います。

(「Live News it!」9月7日放送分より)