女性に性的暴行を行った罪に問われている元俳優の新井浩文被告について 東京地裁は27日、保釈を認める決定をした 

元俳優の新井浩文、本名・朴慶培被告(40)は去年7月、東京・世田谷区の自宅で、出張マッサージの女性従業員に頭を押さえつけるなどして性的暴行を加えた強制性交等の罪で21日に起訴された。 

新井被告の弁護人から25日に保釈の請求を受けた東京地裁は27日、保釈保証金500万円で保釈を認める決定をした。

保釈保証金が納付されれば、新井被告は27日中にも、勾留先の警視庁本部から、2月1日に逮捕されて以来
約1か月ぶりに保釈されることになる。

新井浩文被告(2月2日)