和牛の王様として知られる、三重県のブランド牛「松阪牛」。

表面をカリッと焼き上げた赤身肉をカットすれば、ピンク色の断面が。
最高の状態に仕上がったローストビーフ。

神奈川・平塚市で、創業から80年以上続く老舗精肉店「サイトウミート」の一番人気の商品。

しかも、定価5,250円のところ、オンラインストアでは、30%オフの3,675円で販売している。

そのわけは...。

株式会社サイトウミート 特販部・平田信部長「本来でしたら、定価で販売は一番望ましいんですが、やはり、われわれとしても、(お肉の)数を持っちゃってる以上は、それをどうにかしないといけないという。何%割引というのはやらざるを得ない」

ローストビーフだけではない。

肉のうまみがあふれるイベリコ豚のローストポークも、30%オフの1,820円。

コロナの影響で、飲食店に届くはずだった肉の行き先がなくなり、在庫をセール品として、さばいている状況。

倉庫内に残るイベリコ豚の在庫は、およそ10トン。
200ケースほどが積まれていた。

2020年6月末時点の牛肉・豚肉・鶏肉などをあわせた食肉の在庫は、2019年の同じ時期よりおよそ7トン多く、記録の残る1994年以降、過去最多となっている。

食肉業界にも及んでいるコロナ危機。

この肉余りを、大胆価格で解消しようとする焼き肉店があった。

焼肉酒場ともさんかく はなれ・関亜津志取締役「こちらが当店自慢の超ぜいたく焼肉セットです。通常2万円の価格ですが、半額の1万円で販売させていただいている」

千葉・柏市にある「焼肉酒場ともさんかく はなれ」では、ジューシーな特上牛タンに、大きくカットした特選ロース。

さらに、霜降りの特選カルビなど、黒毛和牛A5ランクの焼き肉セットを半額にして、通信販売。

多い日には、200件の注文が入るとか。

焼肉酒場ともさんかく はなれ・関取締役「現在、和牛の消費量が過去最低といわれておりまして、できるかぎり和牛をたくさん売って、そういった問題を解決していければと」

また、テイクアウトできる焼き肉弁当も、お値打ち価格。

A5ランクの黒毛和牛を使ったハラミやカルビのお弁当を、1,000円で提供している。

こうした手だてで、仕入れ先の肉余りは解消。

しかし、消費者への還元を図ろうと、その後も半額サービスを続けている。