気象庁は台風10号について、「特別警報級」の勢力を維持したまま九州の広い範囲を暴風域に巻き込みながら北上するため、記録的な暴風や高波、高潮に警戒するよう呼びかけている。

台風10号は、6日から7日にかけて、九州に接近、上陸する見込み。
奄美近海を通過する6日午前9時には、中心気圧は915hPa、最大風速は55メートルまで発達する予想となっている。

このため気象庁は、台風が九州に上陸せず海上を進んだとしても、広い範囲で記録的な暴風や高波、高潮になるおそれがあり、特別警報を発表する可能性があるとしている。
沖縄や奄美は、5日から風が強まる見込みで、九州では、台風が最も接近する6日から7日に記録的な大雨や暴風が予想されている。
また、四国でも大雨になるおそれがあるなど、西日本の広い範囲で影響が出る可能性がある。
週末を迎える前に台風への備えを終わらせるとともに、台風接近にともなう災害級の大雨にも厳重な警戒が必要としている。

関連記事:“特別警報級”厳重警戒を 台風10号

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。