政府は帰還困難区域内の除染をしていないエリアについても避難指示の解除を求める福島県飯舘村の要望を受けて、避難指示の解除について検討している。

これについて政府は、原子力規制委員会の会議で1年間の積算線量が20ミリシーベルト以下であることや往来する住民の「放射線防護策」を取れば除染をしていないエリアでも避難指示を解除できるとする案を示した。

規制委員会はこれを了承したことから、政府は今後 避難指示の解除に必要な具体的な要件を検討することにしている。