9月2日朝早く、北海道後志の共和町で隣人にボーガンを向けたとして、88歳の男が暴行の現行犯で逮捕されました。

 2日午前5時ごろ、後志の共和町小沢の住宅の倉庫内で、67歳の男性にボーガンを向けたとして隣の家に住む共和町の無職・佐々木文治郎容疑者(88)が逮捕されました。

 警察によりますと、佐々木容疑者は男性に「畑の農薬や除草剤が風に乗って飛んできて具合が悪い」と文句を言いに行き、その際にボーガンを向け脅すような言葉を言ったということです。

 佐々木容疑者は、以前警察に同様の内容の相談をしていましたが、警察が確認したところ男性が農薬などを畑にまいている事実は確認できなかったということです。

 調べに佐々木容疑者は、「ボーガンは持って行ったが、相手に向けていない」と否認していて、警察が当時の状況を調べています。