安倍首相の後継を選ぶ、自民党総裁選の動きが本格化している。

出馬の意向を固めた菅官房長官は31日午後、最大派閥・細田派の細田会長と会談し、出馬に向けた協力を求めるものとみられる。

この週末は表立った動きを避けてきた菅長官だが、出馬の準備をさらに加速させていて、一気に本命に躍り出る可能性もある。

菅官房長官「(出馬を固めたのか?)この場で答えることは控えたい」

記者会見などの場では、「ポスト安倍」について「全く考えていない」と繰り返し否定してきた菅長官だが、31日は「控えたい」と述べ、従来の表現を初めて変えた。

その菅長官は午後、最大派閥・細田派の細田会長と会談し、総裁選での協力を要請するとみられる。

菅長官は、総裁選の日程が固まり次第、正式に出馬を表明する方向で調整を進めている。

一方、出馬を明言している岸田政調会長は、参議院の竹下派に影響力がある青木幹雄元自民党参院会長と会談したほか、このあと安倍首相とも面会し、協力を求める方針。

石破元幹事長も31日、派閥の会合を開くことにしているが、出馬を求める意見と今回は見送るべきだとの見方があり、難しい判断を迫られることになるもよう。

茂木外相は自身の派閥・竹下派の若手が昼の会合で出馬を求めることを決める見通しで、茂木氏は近く、出馬するかどうかを決断するものとみられる。

河野防衛相は31日午前、防衛省を出る際、自らの出馬について「何も変わりはない」と述べるにとどめた。