SNS通じて知り合い…少女の首絞めた男を逮捕

8月13日、殺人未遂の疑いで逮捕送検された、自称・看護師の中西一久容疑者(29)。
中西容疑者は自宅に連れ込んだ未成年の少女を首を絞め、殺害しようとした疑いが持たれている。

事件が起きたのは、千葉県・船橋市にある中西容疑者の自宅。

8月11日の夕方、SNSを通じて知り合ったという少女と千葉県内のコンビニで待ち合わせ、車に乗せ自宅へ向かった後、犯行に及んだとみられている。

事件が発覚したきっかけは、少女の両親が11日の夜、警察に提出した行方不明者届だった。

その後、防犯カメラの映像などから、中西容疑者の関与が浮上。
行方不明となった少女を追っていた警察は、携帯電話の位置情報などから少女が中西容疑者の自宅にいるのを発見し、保護したという。

12日の昼ごろ、警察官が中西容疑者の自宅を訪ねたところ、2人を発見。
警察が被害者の少女に事情を聞いていたところ、「首を絞められた」と話したという。

中西容疑者も首を絞めたことを認めたため、13日に殺人未遂の疑いで逮捕。
少女にけがはなかったという。

警察は2人のSNSなどのやりとりなども含め、詳しい経緯を調べている。

(「Live News it!」8月14日放送分より)