驚きの“首”収納力

子どもの頃は体を覆う白いふわふわの毛で、大人になってからは滑らかなフォルムで人々を魅了するアザラシ。
愛らしいつぶらな瞳は表情豊かで、目を細めてあくびをしたり、閉じた目元が弓なりになって微笑んでいるようだったりと、癒し系動物の代表的な存在だ。

そのアザラシと添い寝して記念撮影ができるイベントを今年2月に開催して話題になった、北海道紋別市にある「アザラシシーパラダイス」の公式ツイッター アカウントから、アザラシのユニークな行動を捉えた動画が届いた。
(前回の取材記事はこちら「タッチや腕枕はNG? 北海道で始まったアザラシとの“添い寝イベント”が話題」

すでに71万回を超える再生数(4月12日現在)だが、体を器用に動かすそのポーズは普段の姿とはかけ離れていて、驚くこと間違いなし!



この記事の画像(8枚)

背筋を伸ばして座り、飼育員の女性と向かい合うアザラシ。至近距離で互いを見つめて何をしているのかと思っていると…

飼育員がグッと肩を上げ、それを見たアザラシも真似するように首を大きく内側に動かして、体の中に吸い込むように縮めた!
その姿勢を数秒キープした後、飼育員が肩の力を抜くと、アザラシも同じく元の体勢に戻る。

そして、そこまでめり込むのか…と目を疑う首を縮めたポーズをさらに2回繰り返した。
まるで肩をほぐしているかのようなこの動き、アザラシがこんなに首を自在に動かせるとは驚きだ。

投稿を見た人からも、「かわいいなぁ。最高の癒し」「すごい!ヨガの先生みたい」「一緒にやってみたら体がほぐれてきた~」という声が上がっている。
アザラシのスゴ技は6万9000を超える“いいね”を集めて(4月12日現在)海外にも拡散され、「Amazing !! That is too cute(信じられない!可愛すぎる)」「He is liquid(液体みたいだ) 」「This is the best thing I have seen ever in my life (今までの人生で見てきた中で最高のもの )」などのコメントが寄せられた。

アザラシシーパラダイスには、ゴマフアザラシのアグくん(31才・オス)と日和ちゃん(5才・メス)の2頭が暮らしている。
動画で首を体に吸い込むような技を見せてくれたのは、雪が大好きなお転婆の日和ちゃんだ。

前回の取材では、日和ちゃんは「やればできる賢い子ですが、まだまだじっとしていない遊びたい盛り」と教えてもらったが、いつの間にこんなに見事な技ができるようになったのだろうか?そして、このポーズは自然界ではどんな時にするものなのだろうか?
アザラシ飼育員の大場さんに話を伺った。

「水中での動きを陸上でも最大限に引き出した姿」

ちょ、別人じゃないですか!

ーーこのポーズは新技?

首を縮める動きは1年ほど前からできていたのですが、動画のように飼育員の肩を上げる動作に合わせて首を縮めるようになったのは最近のことです。
最初の頃は、手で合図をすると首縮めのポーズをしていたのが、次第に「ぎゅー」という掛け声でもできるようになり、今では手や声での合図なしでも肩を上げるだけで披露してくれるようになりました。


ーー自然界でも同じポーズをすることはあるの?

アザラシは両目の横に丸い穴があります。これは耳で、体を縮めることで耳は閉じ、伸ばすと大きく開きます。実は、水中で泳ぐ時には、耳の中に水が入らないようにこの首を縮めるポーズをしているんです。
そのため、陸上にいる時は体が細長い形をしていますが、水中では丸くグッと縮まっているように見えます。日和ちゃんの首を縮めるポーズは、この水中での動きを陸上でも最大限に引き出した姿と言えますね。

日和ちゃん3変化!(画像:アザラシシーパラダイス)

先輩アザラシのアグくんはできる?

ーーエサやり体験の時間には、お客さんにも披露してくれる?

お客さんの前では、まだ肩を上げるだけで首を縮めるポーズをしたことはないのですが、手や声の合図を受けてこのポーズを見せると、皆さん驚かれますね。
「えぇーっ!」や「かわいい!」というお声をいただきます。平常時とのフォルムのギャップがすごいと評判です。
アザラシの目線は人よりも低いですから、肩を上げる時は正面に座って、日和ちゃんから見やすい角度でやるようにしています。

お客さんの動きに合わせて首を縮めるかどうかはわかりませんが、コツが必要なので、慣れている飼育員の方が反応しやすいと思います。
日和ちゃんも首縮めのポーズは3回くらいが限界で、それ以上は「何してるの?ご褒美の魚をくれないの?」という表情をします。
チカやコマイといった癖のある魚は嫌いな日和ちゃんですが、最近はホッケやサンマ、オオナゴなどの魚をおいしそうに食べています。
今の時期は換毛期で体力と血液を使うため、自然に痩せてシュッとした体形になっています。


ーー先輩アザラシのアグくんもこのポーズをするの?

アグくんは経験豊富で、輪投げを首でキャッチすることもできる芸達者なのですが、日和ちゃんのように首を縮めるポーズはできないんです。
水中ではある程度できていて、スイスイ泳いでいるんですが…日和ちゃんの若いパワーが成せる技なのかもしれません。



GWにはアグくんの得意技「輪投げキャッチ」を体験できるイベントが開催され、参加者が投げたカラフルな輪をアザラシがキャッチすることができたら、オリジナルグッズなどの景品をゲットできるという。
アザラシとの距離は参加者の年齢によって異なり、幼児から小学生までは2本中1本でも成功すればプレゼントがもらえるが、中学生以上は1本勝負だ。

首を縮めるポーズが得意な日和ちゃんは、輪を華麗に回避してしまうこともあるのでは?と思いきや、まだ遠くからの輪をキャッチすることができないため、今回のイベントはアグくんがメインで、日和ちゃんが登場するかは未定とのこと。

人数制限はなく誰でも参加可能で、期間は4月29日(月)~5月3日(金)まで。
初夏の日差しがまぶしいGW、まだ予定を計画中の人は、涼しい北海道で日和ちゃんに癒され、アグくんと輪投げキャッチに挑戦してみてはいかがだろうか。

アグくんと仲良くなれるチャンス!(画像:アザラシシーパラダイス)
「いきものディープランド」特集をすべて見る!