コロナ禍でレジャースタイルも変化

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、新しいレジャースタイルが続々と登場している。

リラックスした表情で、べた~っと横たわるリス。

これは、都内にある「井の頭自然文化園」の飼育員が8月に撮影し、SNSに投稿したリスの“行水姿”だ。リラックスしているこの“リスの行水姿”は、約1週間で378万回も再生された。

「ぺったんしときます ここにも」

こちらは、栃木県にある那須どうぶつ王国が投稿した世界最小クラスのネコ「スナネコ」の赤ちゃんの肉球写真。6月の公開後、9万6000のも“いいね”が寄せられた。

さらに、YouTubeでは、スナネコの日々の成長を動画で投稿している。現地に行けない人からは「動物園に行った気分になれた」と感謝のコメントが寄せられている。

このように、コロナ禍で客足が遠のく中、各地の動物園や水族館のスタッフがSNSに投稿するユーモラスな動画が今、話題となっているのだ。

画面上から餌をあげられる“オンライン餌やり”とは?

映像を見るだけではなく、画面越しでも動物とコミュニケーションが取りたい!そんな人に人気なのが…“オンライン餌やり”の体験だ!

この取り組みをしているのは、動物たちの映像をYouTubeで生配信している高知県の桂浜水族館。

生配信中に視聴者が動物を選び、YouTubeで“投げ銭”を支払うと…現地の飼育員が餌をあげてくれるという!

これは4月13日~5月10日に休館し、大幅な収入減を受けて開始されたサービスだ。館内のほとんどの動物が対象で、これまでに5回開催。8月中にも開催を予定している。

『直撃LIVEグッディ!』も取材中、実際にオンライン餌やりを体験してみた。

カワウソの桜(おう)ちゃん、トドのミコちゃんへ餌やり。かなり近距離で、食事をする動物の顔を見ることができる!

オンラインならではの近さを感じられる上、飼育員にも気軽に質問することができるのが、オンライン餌やりの醍醐味だという。

オンラインで声掛け?グッディメンバーが挑戦

他にも、グッディ!取材班は兵庫県の城崎マリンワールドに、オンラインで驚きの技を披露してくれる動物を発見!

番組放送中に中継を結び、オンラインサービスを体験させていただいた。

宮澤 智アナウンサー:
兵庫県の城崎マリンワールドには、オンライン体験サービス「おうちでトドのびしょ濡れツアー!」というものがあります。オンラインでお客さんが声を掛けると、それに合わせてトドのシュンタくんが芸を披露してくれるというんです!城崎マリンワールドの佐々木雅大さん、よろしくお願いします。

宮澤 智アナウンサー:
どのようにしてこのオンラインサービスを始めたんでしょうか?きっかけを教えてください。

佐々木雅大さん(飼育員):
元々言葉が聞き分けられるトドがいまして。その能力を生かして、リモートにチャンレンジしたらできましたので、ちょうどこのコロナのタイミングということもあって、こういった企画を考えました。

宮澤 智アナウンサー:
オンラインならではの難しさはありますか?

佐々木雅大さん(飼育員):
そうですね。やはり普通は目の前にいる人の指示を見て動物は動くので、遠く離れた人のしかも見ず知らずの人の声で動くというのは難しいですね。

宮澤 智アナウンサー:
そうですよね。慣れている飼育員さんの声だったら…という部分ってありますよね。さて、今日は克実さんにこのリモートでのふれあいに挑戦していただきたいと思います!

高橋克実:
まじで!?

佐々木雅大さん(飼育員):
では、かわいい表情の「あっかんべぇ」に挑戦してみましょうか。僕が「せーの」と言ったら「あっかんべぇ」と言ってみてください。いま僕が言ったのと同じような感じで言ってもらえれば伝わると思います!ではいきましょう。せーの!

高橋克実:
「あっかんべぇ」!

高橋さんが呼びかけると、シュンタくんの舌がペロッと出た!! 「あっかんべぇ」は見事に成功!スタジオからは拍手が沸き起こった。

安藤優子:
すごーい、シュンタくん!

高橋克実:
なんだか、ものすごくうれしいですね~!

高難易度の「ザバン」は成功なるか

宮澤 智アナウンサー:
克実さんの声でもしっかり反応してくれました!続いては「あっかんべぇ」よりかなり難易度の高い、前脚で水しぶきをかける「ザバン」という芸に挑戦してみたいと思います。次は安藤さんよろしくお願いします。

佐々木雅大さん(飼育員):
「ザバン」は今年新しく教えた技なので、結構難易度が高いです。はっきりめに強く「ザバン!」と言ってみてください。

安藤優子:
「ザバン」!かあ、大丈夫かなあ。

佐々木雅大さん(飼育員):
語句は強めで、シュンタに届け!って感じでお願いします。それではいきましょうか。せーの!

安藤優子:
「ザバン」!

安藤さんの呼びかけにより、難易度の高い「ザバン」も一発で成功だ!!

宮澤 智アナウンサー:
すごい!! 成功しましたね。佐々木さん、今のはオッケーですよね?

佐々木雅大さん(飼育員):
100点ですね!

宮澤 智アナウンサー:
では次に行きましょう。「シュンタ」と声を掛けると、野太い声で返事をしてくれるそうです!ヨネスケさん挑戦してみましょうか。

佐々木雅大さん(飼育員):
はっきり目の声で、目の前にシュンタがいるようなイメージで「シュンタ」!とお願いします。では行きますよ。せーの!

ヨネスケ:
「シュンタ」!

ヨネスケさんの呼びかけに、シュンタくんはシーンとしている…。

佐々木さん:
もう一回いってみましょう。せーの!

ヨネスケ:
「シュンタ」!

なんと、今度は「ザバン」になってしまった!成功できず、落胆するヨネスケさんと、笑い声が上がるスタジオ…。

宮澤智アナウンサー:
これは「ザバン」!やはりちょっと、オンラインですからね(笑)。

二木先生も挑戦...果たして結果は?

安藤優子:
佐々木さん、すみません!最後に1回だけ二木先生に呼びかけてもらいたいんですが。低くていい声なので。

二木芳人氏(昭和大学医学部客員教授):
声が裏返っちゃいそうですね…。

佐々木雅大さん(飼育員):
ではいきますよ、せーの!

二木芳人氏(昭和大学医学部客員教授):
「シュンタ」!

二木先生も呼びかけたが、残念ながらこれも「ザバン」だ!

スタジオ一同:
だめか~!(笑)

ヨネスケ:
ほっとしたよ、俺だけじゃなくって。(笑)

宮澤 智アナウンサー:
でも素晴らしい芸を披露してくれました。オンラインでも本当に楽しめますね!佐々木さん、シュンタくん、今日はありがとうございました!

城崎マリンワールドは、感染対策として入場制限や検温、消毒などを徹底し、営業している。オンラインツアーは1回1000円、1日2組限定で、8月31日まで毎日開催予定。詳しくは城崎マリンワールドのホームページまで。

(「直撃LIVE!グッディ」8月13日放送分より)

【関連記事】
新型コロナ後遺症で「聴覚障害」が起こることも…研究結果を英マンチェスター大学が発表 そのメカニズムとは?