45歳シングルマザーが突然刃物で…

栃木・宇都宮市のコンビニで男に刃物で刺され死亡した本名麻里さん(45)。45歳の働くシングルマザーに一体何が起きたのか…?

事件は栃木県のJR宇都宮駅から約2キロ離れた、コンビニエンスストアで起きた。

「人が刺された」と110番通報があったのは8月12日午後4時半頃。

レジで接客していた本名麻里さんが、店を訪れた男に突然刃物で刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。

本名麻里​さんの知人:
一言で言うと明るいサバサバした感じで、女性に使う言葉ではないかもしれないが、"江戸っ子”みたいな、すごくちゃきちゃきして接しやすい

本名さんは店のアルバイト従業員で、4人の子どもを育てるシングルマザー。本名さんを襲った相手は、宇都宮市内に住む職業不詳の川田広幸容疑者(41)。

実は…川田容疑者と本名さんは共通の知人を通じて知り合い、2019年5月から交際していたという。

川田容疑者の近隣住民:
ちょっとうるさくしてると怒鳴り声が聞こえたりとか、「うるせー」とか「静かにしろ」とか威嚇してくるみたいのがあったみたいで

川田容疑者の自宅から現場のコンビニまでは車で10分ほど。川田容疑者は本名さんを刺した後、自らの腹部を複数回刺し、その後死亡した。

被害女性は2度も警察に相談していたが…

被害者も容疑者も命を落とすという最悪の事態は、なぜ起きたのか?

取材を進めると、本名さんが2度にわたって警察にある相談をしていたことが分かった。その相談内容は…

「男と別れ話で口論になった」「これから家に来ると言っていて怖い」

2人の間に別れ話が持ち上がると、川田容疑者は本名さんに意味不明なメールを約15通送信。

恐怖を感じた本名さんは、8月9日と11日の2度警察に相談したが、川田容疑者への警告など具体的な対処は望まなかったという。

守りきれなかったシングルマザーの生命…警察は、本名さんからの相談の対応に問題はなかったとしていて、事件に至る詳しい経緯を調べている。

「Live News it!」8月13日放送