愛媛の道後温泉が5年半ぶりにリニューアルオープンしました。
「一番風呂に入りたい」と8時間も待った人もいました。

日本最古の湯・道後温泉の本館。
オープン初日の11日、朝から意外な光景が広がっていました。

11日午前5時40分、夜が明けたばかりにもかかわらず、ずらりと並ぶ“道後温泉ファン”。
雨が降る中、すでに20人以上の人が列を作って開館を待ちわびていました。

先頭で待っている大学生に話を聞くと、「(何時から並んでいる?)きのうの夜10時からいます。8時間。一番風呂を取りたかった」と話しました。

そして午前6時に開館しました。

3000年の歴史を誇り、夏目漱石の「坊ちゃん」に登場したことでも知られる「道後温泉本館」。
一部で営業は続けながらの大規模工事を経て、その姿はどう変わったのでしょう。

新しくオープンする休憩室“しらさぎの間”は、広々としてとても開放的な空間になっていて、外を見ると、本館のシンボル“シラサギ”の姿が眺められます。

この休憩室では、新作スイーツ「道後 湯上がり乃しらさぎ」も楽しめます。
やわらかいクッキー生地の甘さと、中の紅まどんなの程よい酸味がよく合います。

一方で、460円だった入浴料は700円に値上げ。
その分、シャンプーやボディーソープなどが常備され、ロッカーや洗面台も新しくなりました。

さらに、休憩室や脱衣所に冷房設備が完備され、より快適な空間になりました。

8時間並んでいたという大学生もご満悦の様子で、「お茶もお菓子もおいしくて、おかわりしたくなった」「とても満足です。本当に待ったかいがありました」と話しました。

テレビ愛媛
テレビ愛媛

愛媛の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。