旧統一教会の高額献金を巡り、元信者が「賠償請求を行わない」と署名した念書について、最高裁は「無効」との判断を示しました。

旧統一教会の元信者だった高齢女性は、およそ1億円を違法に献金させられたと訴えて、教団側に賠償を求めています。

一審と二審は、女性が「賠償請求を行わない」とする念書に署名していたことなどから、訴えを退けました。

最高裁は11日、「念書は無効」との判断を示し、教団側が勝訴した二審の判決を破棄し、高裁で改めて審理し直すよう命じました。

この最高裁の判断について、旧統一教会は、「これまでの地裁・高裁が事実と証拠に基づき出されてきた判決が、原審差し戻しという結果になったことは残念でなりません。今後も、当法人の主張の正しさを差し戻し審でも主張してまいる所存です」とコメントしました。

プライムオンライン編集部
プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。