和歌山・海南市で、商店を経営する男性が血を流して倒れているのが見つかり、警察は強盗殺人事件と断定し、捜査本部を設置しました。

10日午前8時半ごろ、海南市下津町上の商店で、この店を経営する大道正富さん(66)が、うつぶせの状態で血を流し、倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

警察が遺体を調べたところ、頭部は骨折していて、さらに店のレジからは現金約5万円がなくなっていたということです。

警察は捜査本部を設置し、強盗殺人事件として捜査を始めました。

現場から凶器とみられるものは見つかっておらず、警察が司法解剖を進めています。

関西テレビ
関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。