パリオリンピック、バスケットボール男子日本代表選手が10日記者会見に臨みました。
富山市出身で、注目の八村塁選手と馬場雄大選手も力強く抱負を語りました。

東京都内で行われた記者会見には、8日発表されたパリオリンピックの代表メンバー12人が出席し、それぞれ意気込みを語りました。

*バスケットボール男子日本代表 八村塁選手
「2回目のオリンピックということでとても楽しみですし、日本代表としてやれることをすごく誇りに思う。NBAでやってきた経験をチームメイトや日本の皆さんに見せ、プレーで引っ張っていけたらと思う」

*バスケットボール男子日本代表 馬場雄大選手
「オリンピックは、すごく特別なものという感じがする。ワールドカップも経て、最終的には気持の強さで勝ち負けが決まってくると思うので、そこを前面に出していけたらと思う」

富山市出身でNBA・レイカーズの八村塁選手と、今シーズンBリーグでプレーした馬場雄大選手は、ともに前回の東京大会に続き2大会連続の代表入りです。

チームは、目標に掲げるベスト8進出を目指しています。

*バスケットボール男子日本代表 八村塁選手
「東京オリンピックでは3連敗し、結果としても全部20点差とかで負けたりと僕らとしては全然やりきった感がなかったので、東京オリンピックの思いを含めてパリオリンピックで戦いたいと思う」

バスケットボール男子日本代表は今月19日から21日にヨーロッパ遠征を行い、初戦であたるドイツなどとの強化試合を予定しています。

パリオリンピック、バスケットボール競技は今月27日に初戦を迎え、世界ランキング3位の強豪ドイツと戦います。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。