夏の甲子園出場をかけた全国高等学校野球選手権富山大会の開会式が10日行われました。

今年で106回となる全国高等学校野球選手権。
富山大会の開会式は、雨のため富山市のアルペンスタジアム屋内練習場で行われました。

式では去年の優勝校、富山商業をはじめ出場する43校40チームのキャプテンなどが整列し、富山国際大付属の瀬端咲主将が力強く選手宣誓をしました。

*富山国際大付属 瀬端咲主将
「今年1月1日能登半島地震が発生しました。このような状況の中、大切な仲間と野球ができること。そしてこの大会を迎えることができることに感謝しています」

今年の大会は選手の熱中症対策として新たな措置が取られ、1日2試合の会場では第二試合の開始時間を午後3時とすることにしました。

試合は今月13日から始まり、決勝戦は27日富山市のアルペンスタジアムで行われる予定です。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。