県道の崩落により孤立集落が発生している出雲市大社町から、午後6時過ぎの時点の様子を伝えてもらいます。

櫃田優果記者:
出雲市大社町です。夕方から雷を伴う雨が強まっていて、身の安全を確保するため車の中からお伝えします。
ここは道路が崩落した現場から南に約3.5キロの場所です。先ほど午後4時半ごろに、出雲などに大雨警報が出されたほか、土砂災害警戒情報も出ています。
今回、周辺を取材していましたが、日中は雨が降ってなかったものの、夕方になると西の空には分厚い黒い雲が流れてきて、一瞬にして暗くなりました。雨は現在も降り続いていて、打ちつける雨の音で周囲との会話がかき消されるほどです。

日御碕地区は「孤立状態」となってから丸一日が経とうとしています。電気や水道などのライフラインは止まっていませんが、再び降り出した雨によってさらなる災害が起きないか懸念されます。
なお島根県は、出雲市に対し災害救助法の適用を決めました。被災者への支援を強化できることになります。

TSKさんいん中央テレビ
TSKさんいん中央テレビ

鳥取・島根の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。