海で漂流すること36時間。
カメラは奇跡の救助の瞬間を捉えていました。

8日午後7時半ごろ、静岡・下田市の海岸で、友人と泳いでいた20代の中国籍の女性が沖合に流され、行方が分からなくなりました。

女性は黒い水着を着ていて、警察や海上保安部などが捜索しましたが見つからず、いったん打ち切られ、10日朝から再開されていました。

そして、漂流から36時間。
海上保安部のヘリが貨物船を発見。

貨物船には、毛布にくるまった女性の姿。
体が、ずぶぬれです。

10日午前8時前、貨物船が浮き輪で浮いている女性を発見。

場所は、行方が分からなくなった静岡・下田から80kmほど離れた千葉県の沖合でした。

近くの航行中のタンカーに救助の協力を要請し、無事、助けられました。

女性は脱水症状が見られるものの、意識ははっきりしていて命に別条はなく、入院の必要もないということです。

行方不明になった現場は海開きの前でした。