都知事選で2位となった石丸伸二氏。
かつての切り抜き動画をめぐる議論が、古巣の広島・安芸高田市で湧き起こっています。

石丸氏の後任として就任した藤本悦志新市長が、石丸市長時代の“切り抜き動画”について、削除要請を行う可能性もあると言及。

記者:
インターネット上に安芸高田市の会見や市議会の中継を基に、他の方々が編集した動画が多く出回っているが?

安芸高田市・藤本市長:
内容が事実と違うことに関して、それなりの対応をしていく。

この“切り抜き動画”とは、市議会をはじめとする市の公式映像などをもとに、第三者が短く編集・加工しYouTubeなどにアップされたもの。

例えば、質問を行った市議の質問の前提が間違っているとして「バッジを外せ」と石丸氏が求める動画や、居眠りが疑われる議員をめぐり議長に異議を唱える動画も。

当時の石丸市長が相手を斬り捨てていく切り抜き動画が多数投稿され、拡散。
石丸氏側も、こうした動画の拡散を許容し、知名度アップの一因とされています。

しかし、石丸氏の後任の藤本新市長は、就任会見の中で市の公式映像をもとにした切り抜き動画についての質問が飛ぶと、投稿者に対し削除を申し立てる可能性について言及したのです。

安芸高田市・藤本市長:
切り抜きの部分で誤解を与えるような形になれば、そういったものは僕自身が選挙戦で大変苦労した部分があるし…。

記者:
誤解させて事実と違う印象を与えるものは削除を申し立てる?

安芸高田市・藤本悦志市長:
それはそのようにする時もあるかなと思ってます。

突如沸き起こった、石丸氏をめぐる“切り抜き動画”騒動。

地元・安芸高田市民に聞いてみると、「YouTubeで拝見しました。今回、若い人がかなり動いた。政治に関して内容がわかって良い」と切り抜き動画を評価する声もある一方で、「(切り抜き動画は)削除した方がいい。YouTube見ている人は、自分の良い所だけしか出さないから…」「市長の方が上、議会の方が下と見られるのは、あってはならない。面白おかしくエンターテインメントとして消費するのは違うかと」といった話も聞かれました。

動画内でやり込められた側の安芸高田市議にも、切り抜き動画について聞くと、「切り抜かれるために、わざと過激な発言をしているように見えた。この動画によって、一般の方から多くの誹謗中傷が(市議側に)来るようになった」と話しました。

石丸氏の切り抜き動画は削除されるのか。
「イット!」は10日、安芸高田市に真意を聞きました。

安芸高田市・広報担当者は「(藤本市長の見解は)前後の文脈含め、本来と異なる印象を与えたり、誤解を与えるようなものについて、修正なり削除を求めることを考える」としたうえで、事実を伝えている切り抜き動画については「許容している」とコメントしました。

一方の石丸氏本人にメールを送ると、「事実判定をどう行うか、そのコストをどう扱うかが問題で、現実的に対応は困難。もっともそういうスタンスでいれば、放っておいても扱われなくなる可能性が高い」と回答。

また、都知事選が終わったあと何をしているのか聞くと、「メディア対応で忙しく過ごしています。選挙が終わる前にもっと取り上げてほしかったです笑」とコメントしています。

テレビ新広島
テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。