早いもので夏休みまであと10日ほどです。

福岡を出発するこの夏の人気の旅行先はどこなのか?

円安や物価高の影響で傾向に変化が出ているようです。

まもなくやってくる夏休み!

この夏、旅行を計画している人にどんなところへ行く予定なのか聞いてみました。

◆10代
「グリーンランドに行く予定です。仮面ライダーのショー目当てで」

◆40代
「沖縄。3泊かな」

◆20代
「北海道でコンサートのついでに旅行をする」

◆20代
「長崎の平戸に旅行で行きます。17人くらいの旅行なんですけど、自分の友達が開いたゲストハウスに遊びに行きます」

大手旅行会社のJTBは、今年の夏休みに1泊以上で旅行に出かける人は去年に比べ4.1%減少する見通しと発表。

物価高の影響などにより、旅行への支出を抑える動きも出ているとしています。

そうした中、福岡市内の旅行会社に今年の傾向を聞いてみるとー。

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「圧倒的に国内旅行ですね。円安傾向にありますので旅費がかかることもそうなんですが、現地での滞在費用が円安による影響でだいぶ高騰しているので」

円安などを理由に需要が高まっている国内旅行、福岡からの人気の行き先トップ3を教えてもらいました。

まず第3位はー

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「第3位は北海道」

夏場でも比較的涼しく過ごせる北海道。

海鮮丼やラーメンなど、ご当地グルメが多いことも理由のようです。

続いて第2位はー

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「第2位は沖縄。福岡から出発される方にとっては大変近いですよね。立地の良さもあいまって毎年人気の観光地となっています」

海外よりも気軽にリゾート気分を楽しめることが魅力となっています。

そして第1位はー

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「第1位は東京ディズニーリゾート」

今年、東京ディズニーシーに新たにオープンした「ファンタジースプリングス」。

映画「塔の上のラプンツェル」を舞台にしたエリア「ラプンツェルの森」や「アナと雪の女王」を舞台にしたエリア「フローズンキングダム」など映画の世界を楽しめます。

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「新エリアということで、せっかく行くなら新しいところという傾向があるのですが」

◆円安でも海外へ…人気の行き先は?

一方、「円安」の中でも海外に行きたいという人の人気の行先についても聞いてみました。

◆アドツーリスト天神営業所 堀江雅子所長
「アジア圏が大変人気となっております。行きやすいので移動距離も短くすみますし、移動が短い分、旅費的にも割安になる傾向があるので。特に韓国が人気のエリアとなっています」

さらに豊かな食文化やノスタルジックな街並みが楽しめる台湾や、世界遺産が多く物価が安いベトナムが人気を集めているということです。

歴史的な円安の中で迎える夏休み。

少しでもお得に楽しめる旅行先を選ぶ人が多くなりそうです。

今年の「夏休みの旅行予算」についてJTBの調査結果では、国内旅行1人あたりの平均費用は去年と同じで4万2000円となっています。

ただ、5年前と比べると1人あたり5500円も増えていて、物価高の影響がはっきりと出ています。

一方、海外旅行はやはり円安の影響が大きく、去年より3%ほど上がって23万9000円となっています。

そして、同じ調査で「夏休みは旅行に行かない」と答えた人は去年から増えて約66%。

その理由として2番目に多い、約3割を占めたのが「家計に余裕がないから」という回答。

これも去年から増えているという結果でした。

テレビ西日本
テレビ西日本

山口・福岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。