性器の外観を変える手術をしなかった人が、戸籍上の性別を男性から女性に変更するよう求めた差し戻し家事審判で、広島高裁は10日、性別の変更を認める決定を出しました。

弁護士によりますと、今回訴えた人は性別変更を申し立てる家事審判を家庭裁判所に申し立てていて、最高裁大法廷は2023年10月に広島高裁に差し戻していました。

性別に似せた性器の外観を備えるための手術なしで男性から女性への性別変更が認められるのは極めて異例です。

当事者は西日本に住む人だということです。

テレビ新広島
テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。