東京・西東京市に設置された踏切で、遮断機が下りたと同時に線路内へ進入してくる車の様子をカメラがとらえた。
実はこの踏切の無謀な横断は車だけでなく、バイクや人も…。
現場で取材すると、この踏切ならではの事情が潜んでいた。

「行けるうちに行っちゃおう」

東京・西東京市の西武鉄道・保谷駅近くに設置されたライブカメラの映像に映っていたのは、踏切への無謀な進入。

警報音が鳴り、遮断機が下りてきたと同時に線路へ進入してきた車
警報音が鳴り、遮断機が下りてきたと同時に線路へ進入してきた車
この記事の画像(32枚)

警報音が鳴り、遮断機が下りてきたと同時に、車が線路へと進入してきた。

あわてて開いている側の遮断機から出ようとバックするが、ハンドルを切りすぎたのか柵にぶつかった
あわてて開いている側の遮断機から出ようとバックするが、ハンドルを切りすぎたのか柵にぶつかった

渡るのを諦めたのか、あわてて開いている反対側から出ようとするが、ハンドルを切りすぎたのか柵にぶつかってしまった。

6日に発生した踏切内での立ち往生。
撮影者によると、立ち往生にはこの踏切ならではの事情があるという。

撮影者は、「(車の通行は)片側交互になるので、行けないとなると、また次を待たなきゃいけないという心理が働く。行けるうちに行っちゃおうみたいな」と話す。

車は約2分半の間、立ち往生し、列車の運行には最大で9分の遅れが生じた。

過去には停車した電車から降り乗務員が駆け寄ってきたことも

取材班が8日朝、現場の踏切へ行くと…、

片側交互通行のため対向の車が踏切を渡るのを待っている状態
片側交互通行のため対向の車が踏切を渡るのを待っている状態

片側交互通行のため、対向車が踏切を渡るのを待っている状態で、その後、警報機が鳴ったため、待っていた車は踏切を渡ることができなかった。

踏切は約40メートルもの長さで、踏切がいったん開いてもすぐに警報が鳴り出すこともあり、そのたびに歩行者らはあわてて渡っていた。

利用者は「年行くと、全部(踏切が)開いたからって、即歩き出しても途中で鳴ってしまうことがある。何しろここが一番長い、だからちょっと大変」と話す。

一方、踏切が開くのを待てない人たちによる無謀な横断は、これまでも繰り返されてきた。

2022年の映像に映っていたのは、片方の遮断機が下りているにもかかわらず、無理やり突っ込んできたバイクの様子。

緊急停車した電車から降りた乗務員が駆け寄ってきた
緊急停車した電車から降りた乗務員が駆け寄ってきた

渡りきる直前でバーが下がりきり、踏切から出られなくなってしまった。
緊急停車した電車から降りた乗務員が駆け寄ってくる様子も映っている。

この日は、高齢とみられる人物も、遮断機が完全に下りているにもかかわらず踏切内に進入していた。
相次ぐ危険な横断に、西武鉄道は余裕を持って渡るよう呼びかけている。
(「イット!」7月8日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(32枚)