プレスリリース配信元:株式会社ブランド総合研究所

都道府県SDGs調査2020

住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府、岩手県なども急上昇した。


株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民による幸福度、生活満足度、満足度、定住意欲度など、地域の持続性を調べるために、「第2回地域版SDGs調査2020・都道府県版」を実施しました。この調査はインターネットを利用して2020年6月12日から29日まで実施し、全国の都道府県から約340人ずつ、計15,991人からの回答を得て実施しました。

幸福度1位は宮崎県、伸び率トップは岩手県
幸福度が最も高かったのは昨年と同様に宮崎県。現在の生活について「幸せですか」と聞いたところ、36.1%が「とても幸せ」、36.1%が「少し幸せ」と答えるなど、7割を超える人が幸福を感じていると答えた。一方、「全く幸せではない」は3.3%、「あまり幸せではない」は5.7%と幸せではないと感じている人は1割にも満たないという結果だった。
次に高かったのは沖縄県で昨年5位からの大幅上昇。34.1%が「とても幸せ」、34.8%が「少し幸せ」と答えた。
3位の大分県は昨年の18位から大きく順位を上げている。なお、前年からもっとも幸福度の伸びが大きかったのは岩手県で、61.2点から66.0点へと4.8点の伸び。順位も46位から24位へと急上昇した。



各都道府県の住民に対し、「あなたは幸せですか?」という設問に対し、「とても幸せ」、「少し幸せ」、「どちらでもない」、「あまり幸せではない」、「全く幸せではない」の中から選んでもらった。その結果を、それぞれ100点、75点、50点、25点、0点の比重で加重平均したものを「幸福度」とした。


47都道府県平均では、前年よりやや低下
47都道府県平均では、24.5%が「とても幸せ」、36.4%が「少し幸せ」と答えるなど、6割以上が「幸せである」と答えた。ただし、「とても幸せ」の割合は前年結果の25.6%より減少しており、新型コロナの影響で幸福度が少し低下している。
「全く幸せではない」との回答は5.2%(前年5.2%)、「あまり幸せではない」が10.7%(同11.0%)など計15.9%(同16.2%)と「幸せではない」との回答の割合も、前年よりやや増加している。
一方で、幸福度が上昇した府県のうち、岩手県は8月9日時点での感染者数は7人と全都道府県の中で最も少なく、鳥取県は21人と2番目に少ない。
なお、沖縄県については外国人観光客が急減したことによって「交通機関や道路の渋滞や混雑」の悩みが前年の21.6%から6.5%へ、「詐欺・盗難・犯罪」の不満が12.3%から8.3%へと減少している。また、教育に関する悩みも前年より大きく減少している。いずれも新型コロナウイルス感染症の影響が大きいと思われるが、こうしたことが幸福度の上昇につながった可能性が大きい。

60代と20代の幸福度が高い
 年代別では、60代以上の28.4%が「とても幸せ」、45.1%が「少し幸せ」で、「幸せである」と答えた人(合計73.5%)が最も多かった。次に「幸せである」が多かったのは20代で、59.0%。最も幸福度が低いのは、40代だった。この傾向は前年と大きな変化はなかった。
男女別では、「とても幸せ」と答えた人は男性では21.6%に対して女性では27.4%と女性の方が多いが、前年は男性が21.1%、女性が30.2%と女性の方が前年より減少している。

参考ページ URL https://news.tiiki.jp/articles/4562

問合せ先
株式会社ブランド総合研究所 (担当.森)
Tel. 03-3539-3011(代)
Fax.03-3539-3013
E-mail:sdgs@tiiki.jp

※自治体、メディア関係者の皆様
本記事に公開しているデータは、無償でご利用いただけます(出典の明記をお願いします)。
以下のフォームから、申請をお願いします。
問い合わせページ URL https://ibridge.lmsg.jp/form/11760/JMd4TZqj

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ