さいたま市の住宅で、ヘルメットをかぶり、作業着姿で盗んだものを運び出す泥棒が目撃された。

高級時計やブランド品のかばんなど、被害金額は実に5000万円。

現場は、閑静な住宅街の2階建ての一軒家。
6月2日午後2時半ごろ、ヘルメットに作業着という姿で現れた泥棒は、ゆっくりと歩きながら奥に消えていった。

そして、ガスメーターボックスやパイプを伝いながらサンルーフによじ登り、トイレの窓を割って中に侵入した。

泥棒はなぜ、わざわざ2階のトイレの窓から侵入したのだろうか。

被害者は、「(1階の)ここにあるのは防犯ガラスなんですよ。(中に)シートが貼ってあるんで、割れないと思うんですよね」と話す。
また、「犯人はそれを知っていた可能性がある」という。

室内に侵入した泥棒は、いくつもの部屋を荒らしまくったという。

被害者:
寝室に全部時計6本入ってたんですけど、全部ロレックスだったんで、たぶん(時計だけで)4000万円くらい。あと空になっちゃいましたけど、アクセサリーとか家内のかばんとか

さらに、子ども部屋では十数万円分のポケモンカードまで盗まれたという。

被害者によると、被害の総額は約5000万円だという。

被害者は、「むなしい感じですかね。悔しいのもありますけど」と話した。

1時間半ほど家の中を物色し、1階のキッチンからベランダへ出た泥棒。
防犯カメラには、大量にものを運び出す様子が目撃されていた。

白昼堂々行われた大胆な犯行に、被害を受けた家族は「工事現場の格好で2階から入られるっていうのは、もう本当に想像もしていなかったので、第一この格好だと、(警察も)職質はしないかなと。(犯人は)間違いなくプロじゃないかって(警察が)言ってまして」と話す。

住宅街で怪しまれないためなのか、工事の作業員のような服装だったという泥棒。
警察は、窃盗事件として捜査している。

このニュースについての情報提供は、「048-650-0110(大宮警察署)」または、「イット!」ウェブサイトまで。

「指名手配犯に似た人物を見た」「当て逃げした人物がドラレコに映っていた」など犯人逮捕につながる情報から「訪問販売に来た業者がクーリングオフに応じない」「いつも自転車にいたずらをする人がいる」など身近に起きた事案まで、ご存知の情報をお寄せください。

投稿の際には、「5W1H(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)」を意識して、なるべく具体的に当時の状況を教えてください。写真や動画を送ることも可能です。

取材源は必ず秘匿し、情報管理を徹底することをお約束します。すべての方へのご連絡は難しいため、不採用の場合のご連絡と個別の問い合わせへのご返答につきましては、対応いたしかねますことを何とぞご容赦ください。

情報提供はこちらからお願いします。