大石知事は現職の県議会議員側から300万円近くを借りていたことが政治倫理上の問題があるとの指摘を受け、県議会で釈明しました。

違法性はないとの立場ですが、「誤解を与えかねない」として収支報告書を訂正する方針です。

24日の県議会一般質問で自由民主党の田中愛国 議員は大石知事の後援会組織について質しました。

2022年度分の収支報告書には現職の県議会議員の後援会から286万円を借り入れたと記載されています。

田中議員は知事が議員側から金銭を借り入れるのは、政治倫理上の問題があると指摘しました。

知事側が借り入れた金は2022年12月に約7万3000円の利子とともに全額が返済されています。

大石知事は答弁で「違法性はない」としています。

しかし、自主的に行った外部監査で、後援会事務所を通して金銭を貸し借りした「手法」について節税対策とも取られかねないと指摘を受けたということで、釈明しました。

大石知事
「個人献金を奨励する制度を節税の抜け穴、また有権者、納税者の理解を得られないと認知されている手法であるということを指摘されて深く反省をしている」

大石知事の後援会は経緯などをまとめた書面を公表し「誤解を与えかねない会計処理だった」として6月中に収支報告書を「借り入れ」ではなく「寄付」に訂正するとしています。

テレビ長崎
テレビ長崎

長崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。