香川県内で2024年に入り、労働災害で7人が死亡したとして、香川労働局が「死亡労働災害多発緊急警報」を発令しました。

香川労働局によりますと、県内では24年に入り6月24日までに、労働災害で20代から70代までの7人が死亡しました。香川労働局は、2023年の1年間で死亡した人数の4人を大幅に上回っているとして、「死亡労働災害多発緊急警報」を発令しました。緊急警報が発令されるのは2022年3月以来です。

内訳は「墜落・転落」が3人、「はさまれ、巻き込まれ」と「切れ・こすれ」がそれぞれ1人などとなっています。

発令は24日から2024年8月末までで、香川労働局は、それぞれの事業者に対し、危険な場所を点検し、改善や対策を講じるよう呼び掛けています。

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。