北海道北部の幌延町(ほろのべちょう)が管理しているJRの2駅を、幌延町は負担額が重いことなどを理由に廃止を決めました。

 JR宗谷本線の雄信内(おのっぷない)駅と南幌延(みなみほろのべ)駅は、利用者がほぼいません。

 JRは廃止する方針でしたが、3年前から幌延町が維持費を出すことで存続。ただ、幌延町は「負担が重い」として、廃止を決定しました。

 幌延町によりますと、負担額が2駅で年間約250万円かかる上、修繕費が約750万円かかる見込みです。

 幌延町は既に住民に説明していて、6月中にJRに廃止を伝える方針です。

 両駅は2025年3月のダイヤ改正で廃止になる予定です。

北海道文化放送
北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。