神奈川・横浜市で6月17日未明、バックでバイクを“追ってくる”恐怖の暴走車をカメラが捉えた。追いかけられたバイクは緊急避難し難を逃れた。その後、逆走車はバックのまま赤信号の交差点に進入したが、何事もなかったかのように通常の車線を走り去っていったという。

光るヘッドライト…恐怖の暴走車

神奈川・横浜市で17日未明、一台のバイクが首都高の出口から一般道に下りた瞬間、バイクのライダーの目に飛び込んできたのは、路肩からこちらを照らすヘッドライトだ。

バイクのライダーは当時を振り返り、「対向車がいないはずなのに、ヘッドライトが見えて、おかしいなと思ったら、逆走車がいた」と話す。

首都高の出口にいた逆走車(視聴者提供)
首都高の出口にいた逆走車(視聴者提供)
この記事の画像(11枚)

車が間違って進入してしまったと思い、路肩にとまった車の横を通り過ぎ、信号待ちで止まっていたその時、逆走車が突然バックを始めた。

数メートルしたところで停止したかと思えば、今度は前進…そしてまた、スピードを上げながらバックでバイクに迫ってきた。

ライトを点滅させながらバックする車(視聴者提供)
ライトを点滅させながらバックする車(視聴者提供)

バイクのライダーはその時の状況について、「Uターンするのかなと思ったら、またバックしてきて、『あ、これ僕の方に突っ込んでくるな』って思ったんで。(自分を)ひきに来てるのかなって」と話した。

咄嗟に歩道へ逃げたバイク(視聴者提供)
咄嗟に歩道へ逃げたバイク(視聴者提供)

ライダーは危険を感じて、やむを得ず急いで歩道に緊急避難。「信号は赤だったが、緊急回避という形で歩道の方に逃げさせてもらいました」という。

執拗に追いかけたあと逃走

その後逆走車は、バックのまま、まだ赤信号の交差点に進入した。しかし、ギアチェンジすると、何事もなかったかのように通常の車線を走り去っていったという。

恐怖を語るバイクライダー(視聴者提供)
恐怖を語るバイクライダー(視聴者提供)

バイクのライダーは、「(バックしてくることに)気づいていなければ、そのままひかれていた可能性もあるので怖い…。テンパったときこそ、ハザードをたくなり、もっと別の方法はないか考えてほしいですね」と語った。
(「イット!」 6月21日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(11枚)