メジャーリーグ、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(29)が3試合連続となる特大の第23号ホームランを放った。

古巣、ロサンゼルス・エンゼルスとの試合前、元同僚たちと談笑する大谷選手。
22日、火花を散らして激突したピッチャーのサンドバル選手(27)と、23日は仲良くじゃれ合い、水を掛けられるもさすがの身のこなしで危機一髪、回避していた。

23日は本拠地の都市をイメージした「シティーコネクトユニホーム」も、お披露目された。
ロサンゼルスは“夢がかなう街”として、輝く星がちりばめられたデザインになっている。

現在2試合連続ホームラン中、まさにロサンゼルスのスターとして輝く大谷選手。

その第2打席、スライダーをはじき返し、飛距離140メートルの23号ホームラン。
3戦連発となる特大の1発にロバーツ監督もニンマリ。
試合前は元同僚とだったが、今度はドジャースの仲間とじゃれ合い。

“ジューン・オオタニ”と称される“6月男”の大谷選手が覚醒した。

大谷翔平選手は、「素晴らしい打球だった。いい角度で“いい眺め”だった。(Q.シティーコネクトユニホームでHR)勝って“いい縁起”が担げると思うので、次もしっかり勝ちたい」と話した。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

報道スポーツ部
報道スポーツ部