県内は22日夜から広い範囲で雨が降り続いています。
このあとも激しい雨が降る見通しで、気象台は土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

県内は梅雨入りした22日から雨が降り続いていて、現在広い範囲で大雨注意報が発表されています。

富山地方気象台によりますと、22日からの雨はピークをすぎたとみられますが、23日の夕方にかけて再び雨が強まり、1時間に40ミリの激しい雨が降る見通しです。

24日午前6時までの24時間に降る雨の量は多いところで東部・西部ともに150ミリと予想されていて、警報に切り替える可能性があるということです。

気象台は23日夜遅くまでは土砂災害に警戒し、24日朝にかけては低い土地の浸水や河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけています。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。