三重県四日市市の50代の女性が、SNSを使った投資詐欺の被害に遭い、あわせて約5630万円をだまし取られました。

 警察によりますと、四日市市の50代の女性は2023年11月から2024年3月にかけて、SNSで知り合った人物から金やビットコインなどへの投資を勧められ、あわせて18回の振り込みで約5630万円をだまし取られました。

 女性は、投資の勉強ができるといった広告をフェイスブックで見つけ、LINEのアカウントを登録したところ、仮想通貨取引サイトで口座を開設するよう指示され、あわせて8回振り込みました。

 その後、女性は投資の利益を出金しようとしたところ、さらに「保証金」などとしてあわせて10回振り込まされたということです。

 警察は詐欺事件として捜査を進めています。

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。