札幌市の中学校で生徒の個人情報の書類がSNSで流出した問題で、職員室で教師が自由に持ち出せるなど書類の管理がずさんだったことが分かりました。

 札幌市立あいの里東中学校で4月、女性教師が1年生267人の個人情報が書かれた書類を体育館に置き忘れました。その後、書類はSNS上に流出しました。

 6月19日に学校が開いた説明会に出席した保護者によりますと、個人情報が書かれた書類は教師らが職員室から自由に持ち出せるなど、管理体制がずさんだったことが分かりました。

 学校側の説明に対し保護者からは憤りや不安の声があったといいます。

 「先生方は大した資料じゃないと思っていたのでは」

 「社会人としてありえない」

 「(学校の説明が)他人事のように聞こえる」(いずれも保護者)

 札幌市教育委員会は20日午後に会見を開き、詳しい経緯を説明します。

北海道文化放送
北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。