フェスは好評だったが…

 札幌ドームが2023年度の決算で、想定の倍以上となる6億5000万円を超える赤字となったことが分かりました。

 2024年3月、札幌ドームの「新モード」で行われた初めての音楽フェスでは、男性アイドルグループなどアーティスト8組が出演し、2万人の客席はほぼ満席となりました。

 「(D-LITEを)見られて最高!おいしいお酒が飲めそう!(会場内の)ビジョンが大きくて毛穴まで見えそうだった」(来場者)

 ファンには好評だった札幌ドームの試み。

 しかし、札幌ドームの2023年度の決算は6億5000万円を超える巨額の赤字となったことが分かりました。

「アーティストに敬遠された」

 ファイターズの本拠地として2004年以降多くの観客で賑わっていた札幌ドーム。

 しかし2023年、北広島市に移転すると状況は一変します。

 年間のイベント日数の半分を占めていたファイターズ戦を失いました。

 札幌市は対策として10億円をかけ、暗幕で仕切って中規模のコンサートなどを開催できるようにする「新モード」を導入。

 2023年度は6件の実施を見込んでいましたが、現在でも3件の利用にとどまっています。

 札幌市の幹部は「通常のドームを埋められないアーティストとしてみられるという理由で敬遠された」などと話します。

命名権は応募なし

 また、1月からドームの命名権を希望価格 2億5000万円以上、契約期間 2年から4年という条件で募集。

 「相談を受けているところは複数社あって、最終的に締め切りまでどうなるのか」(秋元克広 札幌市長)

 秋元 札幌市長も希望をもっていましたが、期限の2月末までに応募はなく、募集は無期限に延長されています。


巨額の赤字

 イベント日数や来場客の減少に加えテコ入れ策も不発。

 光熱費の上昇もあり札幌ドームは2023年度の決算で当初予想していた赤字額 約3億円の倍以上の6億5000万円を超える赤字となりました。

「やっぱりこうなった…」

 市民は…

 「やっぱりこうなるだろうという通りでした」(札幌市民)

 「今の札幌ドームのネーミングライツを購入してもメリットはあるのかなという状況」(札幌市民)

 「なかなかこれから運営していくの難しいんじゃないですか。(策が)思い浮かばない。今のところ。辛いけど」(札幌市民)

 苦境が続く札幌ドーム。

 今後、巨額の赤字を跳ね返すことができるのでしょうか。

北海道文化放送
北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。