まるでサーカスの曲芸のように交差点で大きく旋回。多くの車が行き交う道路で目撃されたのは、目を疑うような自転車による蛇行運転だった。この信じられない運転に、目撃した人は「なんかいるなと思って」「二度見したらガチでいた」と語る。

“異常な蛇行運転”ぐるぐると旋回

映像は、茨城・つくば市で17日午後5時頃に撮影された。

逆走して交差点に突っ込んだ後、行き交う車スレスレを走行する自転車男
逆走して交差点に突っ込んだ後、行き交う車スレスレを走行する自転車男
この記事の画像(12枚)

片側3車線の大通りに現れた“自転車男”は、中央分離帯を我が物顔で走る。反対車線に飛び出し逆走したかと思えば、信号を無視し交差点に突っ込むと、行き交う車スレスレを走行。すると突然、異常な蛇行運転を始めた。

右へ左へとぐるぐる旋回する自転車男
右へ左へとぐるぐる旋回する自転車男

自転車は右へ、左へと、まわりに見せつけるかのようにぐるぐると旋回する。その後、自転車は再び中央分離帯に戻ると、勢いよく坂道を駆け上がって行った。

目撃した人は、「(自転車男は)周りを見ずにまっすぐ突き進むという感じ。あり得ない!と思った。事故になった時、本当に怖いなという気持ちが強かった。驚きが隠せない感じでした」と当時を振り返る。

1kmにわたり迷惑運転…渋滞発生も

現場は当時、帰宅ラッシュだったため多くの車で混み合っていたという。

自転車男は、逆走や信号無視、さらには交差点での蛇行運転を繰り返した。一方、道路上では危険を回避するためにスピードを落とした車で渋滞が発生。こうした自転車の迷惑運転は少なくとも1km以上に渡って続いた。なぜこのような運転をしたのか。

自転車男は中央分離帯に置かれた反射板の間を小刻みに通り抜ける“スラローム走行”をしていた
自転車男は中央分離帯に置かれた反射板の間を小刻みに通り抜ける“スラローム走行”をしていた

現場を訪れると、自転車が走っていた中央分離帯には、でこぼことしたブロックがあるのが確認できた。自転車を捉えた別の映像を見てみると、中央分離帯に置かれた反射板の間を小刻みに通り抜ける“スラローム走行”をしていたことが分かった。

目撃した人は、自転車に乗る男性から“異様な雰囲気”を感じたと話す。

「スリルを味わっているような感じ。危険を楽しんでいるような。もしぶつかったとして、『車が悪い』とされたら何とも言えない。人としてありえない。やめていただきたいと思う」
(「イット!」6月19日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(12枚)